フリーターの就職

フリーターの男性でも事務職で正社員になれるのか?私の体験談をもとに解説

投稿日:

「営業職は絶対にやりたくない!」

私はこの考えをもとに事務職を目指し就職活動を行い、実際に事務職として内定をもらいました。

仕事は営業と事務以外にもたくさんあるのに、なぜか就活中の私は事務に絞って活動してしまいましが、自分にあった仕事に出会えたので結果的には間違ってなかったのかと思っています。

ただ、基本的に男性にとって事務職は非常に狭き門です。

それに、もし「定時で帰れる」「専門知識がいらない」「ストレスフリー」という幻想を抱いて事務職に憧れているようなら、内定をもらって働き始めたときにギャップで辞めたくなるでしょう。

 

この記事では事務職の種類と仕事の内容、フリーターが実際に事務職に正社員として内定をもらった方法を解説していきます。

 


人手不足と好景気による採用の活発化の影響でフリーター専用の就職エージェントが流行っているのは知っていますか?

・フリーターを採用するつもりがある企業だけ受けたい
・ブラック企業だけはイヤだ
・できれば書類選考を免除して欲しい

と考えている人は就職エージェント(無料)を利用しましょう。 就活がイージーモードになりますよ。

事務職の種類について

事務職の種類について

 

事務職と一口にいっても実際には様々な種類の仕事務職があります。

ひとくくりで考えていると面接でも相手に刺さるアピールは絶対に出来ません

あなたがやってみたいと考えている事務はどれかしっかり確認してきましょう。

 

一般事務

データ入力・伝票整理・書類作成・受付電話対応などの業務を担当するのが一般事務です。

事務職の中で求人数もそこそこ多いですが、一般事務に就くのは女性が大半を占めており、男性で一般事務になるのはかなりの至難のワザです。

専門性があまりなくてもできる仕事が多く、強いて言えばパソコンスキルが少しあれば効率的に仕事ができます。

 

ただ、一般事務の仕事はITの発展で急激に減りつつあります。

RPA(アールピーエー)と呼ばれる仕事の自動化が普及し始めていることや、ペーパーレス化が進んでいることで単純な仕事は本当に減っています。

さらに、給料が安いからそもそも男性が応募しないので、たまに応募者がいると奇異の目で見られることでしょう。

 

経理事務

企業の会計や現金の出納関係を担当する部署が経理です。

他の事務に比べて特に正確さが求められる事務ですね。

ちなみに、簿記の資格を持っていると採用される確率が上がります。

経理は続けることによって専門知識を深められるので、転職するときにも有利になる仕事なのでオススメです。

 

私が採用されたのは経理関係の事務です。

後ほど詳しく触れますが経理が扱う制度会計ではなく、管理会計を扱う部署でした。

 

総務事務

企業の中で担当する部署がない仕事すべてを担当する仕事です。

主に雇用関係を担当しており年金や扶養、社会保険など従業員に関することを取り扱っています。

また、企業内でイベントを行う際の裏方だったり蛍光灯の交換などの雑用を行ったりもします。

 

ちなみに、総務で意識が高い社員は社会保険労務士を目指していることが多いです。

社会保険労務士を取得できれば総務としてはまず無双できますね。

 

医療事務

病院で受付やレセプト(診療報酬明細書)の作成を行うのが医療事務です。

経理事務と違って資格はなくても採用されることは可能ですが、有資格者のほうが採用率も上がりますし給料も上がる可能性があります。

 

病院を利用すると気づくかと思いますが、医療事務で働いている人は女性が大半ですよね。

他の事務職より顕著に女性に人気のある事務職です。

ただ、一般事務と同じく給料が低いことから男性があまり応募しないという要因もありそうです。

 

営業事務

営業担当のサポート・アシスタントをするのが営業事務です。

他の事務職と大きく違うのは「顧客対応が発生する」という点です。

メールや電話で顧客対応するのが苦手じゃない人は割と採用されやすい傾向にあります。

これまで接客やコールセンターで働いた経験があればアピールポイントになりますよ。

 

未経験のフリーターが事務職に就職するために必要なスキル

就職支援サービスを使えば無料で相談&仕事の紹介をしてくれる

経験者でも簡単に転職・就職しにくい事務職で未経験のフリーターはどのようなスキルを持っていたら良いのでしょうか。

ここでは採用のテーブルに乗るための最低限必要なスキルを紹介します。

 

エクセル・ワードのスキルは必須

事務職はほぼ毎日パソコンを使って仕事をします。

企業ごとに独自のシステムのみを使って作業することもありますが、未経験者を採用する可能性がある中小企業では独自システムではなくエクセルやワードを使って仕事をしています

 

エクセルとワードだけでなくアクセスまで使えると好印象ですね。

苦手意識がある人はMOSという資格試験の勉強をしておくと面接でアピールできますよ。

 

簿記3級は経理じゃなくても必要

事務職は数字を扱う部署が大半です。

一般事務でも数字は絶対に扱います。

そのため、数字に強いアピールができれば面接で印象に残すことができます。

私は学生時代に簿記3級を取得していたので一応効果があったようです。

 

事務職の選考で最も有利なのは経験者であること

元も子もない話ですが最もアピールになるのは経験者であることです。

事務職はどうしても向き不向きがあります。

細かい点を何度も確認してミスなく進めることが求められるのに、大雑把な性格でどんぶり勘定しかできない人では務まりませんからね。

日本では1度採用してしまうとなかなかクビにできないので、どうしても採用が慎重になってしまうんですよね。

 

しかし、いまは経験者である人も最初は絶対に未経験者です。

未経験の人間が事務職に潜り込むにはコツがあります。

人によって未経験から採用された方法はいろいろあると思いますが、ここでは私が実際に使った戦略を紹介します。

 

未経験のフリーターが事務職として内定をもらうための戦略

未経験のフリーターが事務職として内定をもらうための戦略

 

私が事務職で採用されるために考えた戦略都会で就活する」「斜陽産業を狙う2つでした。

未経験者でも出来るだけ求められる環境はどこか?を考えたところこの戦略になりました。

それぞれの理由をこれから説明します。

 

地方より都会のほうが事務職の求人が多い

都会は地方よりも本社を置いている企業が多いです。

事務職などの管理部門は支店よりも本社で求められていることが多いです。

そのため、事務職で採用されたいのならば都会で就職活動をするだけで選べる企業がぐっと増えます。

地方でも求人がないわけではありませんが、選べる立場にない未経験者が就活するならば絶対に都会がオススメです。

 

都会のほうが有効求人倍率が高いが地方でも1.0を超えている時代
フリーターが正社員として就職しやすいのは地方と都会どっち?

リクナビネクストなどの就職情報サイトを使えば地方・都会問わず簡単にどのような求人情報があるか確認できます。 就職情報サイトを見ていると「都会のほうが求人数が多いから都会にでるべき」と感じるかもしれませ ...

続きを見る

 

あえて人手不足の斜陽産業を狙う

私をフリーターから事務職(正社員)で採用してくれたのは印刷業界の企業でした。

印刷業界といえばペーパーレスが進んでいる現代で縮小を続けている斜陽産業ですよね。

どんどん業界が縮小しているので若い世代は特に避ける業界です。

 

だからこそ未経験者には狙い目です!

人気のある業界の事務職は経験者で高い能力と資格を持っている人ばかり集まります。

そんな場所で戦っても未経験者が勝てるわけないですよね。

 

でも、人気のない企業なら事務職として採用されるかもしれないけど、そんな将来潰れるかもしれない企業で働きたくない…

そう考えるのは自然のことです。

 

そこで、私の戦略「斜陽産業で事務職としての経験を詰み、転職で理想の企業に移る」です。

事務職で経験できる内容は業界によって全く異なるなんていうことはありません。

はっきり言って経験者になってしまえばこっちのものです。

 

1社で理想の企業に就職しようとするから難しいんです。

最初は経験のためと割り切って人気のない企業で数年働き、そこからもう1度転職活動をして理想の企業を狙いましょう。

 

私が就職した管理会計(経理系)部署の説明と働いて身に付いたスキル

私が就職した管理会計(経理系)部署の説明と働いて身に付いたスキル

 

管理会計とは何か?と採用された理由

私が採用されたのは管理会計を扱っている部署でした。

経理事務を希望して最終面接まで行ったのですが、面接が終わった後に電話で「制度会計(経理)じゃなくて管理会計の部署で働いてみないか?」と提案してもらったので二つ返事で内定承諾をしました。

 

制度会計は国や地方自治体に税金をいくら収めるのか?を計算したり決算書を作成する仕事です。

管理会計は原価計算を行い商品1つあたりいくら儲っているのか?や予算と実績のズレを分析する仕事です。

 

入社してから経理ではなく管理会計の部署で内定を出した理由を聞いたのですが、

面接でペラペラ流ちょうに話しているのが印象に残ったらしく、黙々とルールに沿った仕事をする経理よりも、分析して結果を論理的に説明する管理会計のほうがあってそうだと判断したと説明されました。

 

ちなみに面接でアピールしたのは「簿記3級」「エクセルスキル」のみです。

どちらも学生時代に覚えた&取得した程度のレベルなので、ちょっと勉強すればすぐ身に付きますよ。

 

事務職として2年半働いて身に付いたスキル

私は印刷業界の企業で2年半働いて経験とスキルを身につけ上場企業の管理会計の部署に転職しました。

事務職で働いた経験を持っているだけでも未経験よりは採用されやすいですが、待遇面で良い条件の企業に転職したかったら更にアピールできる能力を身に着けるべきです。

 

私が身に着けた能力(資格)は、

 

覚えた能力一覧

・エクセル中上級レベル(複雑な関数、ピポットテーブル応用)
・エクセルVBA
・簿記2級
・管理会計の基礎

 

などです。

大したことがないと感じる人は十分アピールできる水準の能力を持っているので自信を持ってください。

 

また、これから事務職を目指す人は面接で上記のスキルをこれから覚えるつもりだと伝えると好印象になるはずです。

私は転職市場で事務職が評価されやすい能力を調べ、働きながら上記のスキルが身に就く業務を率先して担当していました。

自分の目的のために何が必要になるのか?ということを常に考えながら動くと仕事も積極的になり上司からの評価も上がりますよ。

 

「都会で就活する」「斜陽産業を狙う」を満たした求人を見つけるなら就職エージェントを使え

条件にあった求人を自分の力だけで見つけるのは意外とむずかしいです。

検索しまくってようやく見つけたとしても「フリーターは足切り」だったり「女性しか採用しない」などの書いていない条件があり問答無用で落とされたりします。

 

就職エージェントを使えば条件を満たしており、なおかつあなたが受けられる企業だけを提案してくれます。

もちろん「都会で就活する」「斜陽産業を狙う」ではない、あなたが考えた戦略でも問題ありません。

 

利用している企業が多く事務職などのホワイトカラーの求人も多いのが就職Shopです。

何から動けばいいかわからないという場合でも就活の方針から相談に乗ってくれます。

求職者の利用は無料ですので、とりあえず相談することから始めてみると良いですよ。

 

企業がフリーターを正社員に採用するときの条件
20代のフリーターは就職エージェントを使うだけで簡単に正社員になれる

大学を卒業して新卒で正社員として就職するというルートをたどらないと「あいつはレールから外れた」という評価を受けがちな日本社会。 「フリーターから正社員にはなれない」 「新卒で就職しなかったヤツはどの企 ...

続きを見る

-フリーターの就職
-, , , , , , ,

Copyright© 大学中退7年間フリーターから正社員就職した男のブログ , 2019 All Rights Reserved.